白髪染め 染剤 頭皮 かぶれ

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

染剤で頭皮がかぶれる原因

 

白髪染めにつきまとうのは強烈な臭いと頭皮がピリピリするような刺激です。特に、敏感肌体質の方は頭皮がかぶれてしまって、白髪染めの使用を諦めざるをえないこともあります。ここでは、白髪染めで頭皮がかぶれる原因をご紹介します。

 

白髪染めの仕組み

まず、一般的な白髪染めの仕組みをご紹介します。市販の白髪染めには、化学染料が使用されています。一般的な毛染めは二種の薬剤を混合してから使用しますが、そのうちの1剤にはジアミン系染料やタール色素が、2剤にはブリーチ作用のある過酸化水素などが含まれています。過酸化水素による脱色と、同じく過酸化水素による染料・色素の酸化発色により髪の毛に色をつけるのです。このように白髪染めには様々な成分が含まれていますが、このなかでも、特にジアミン系の染料に問題があります。

 

ルプルプのお得なキャンペーン情報はコチラ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

ジアミン系染料の影響

ジアミン系染料はパラフェニレンジアミンというものです。これには強いアレルギー反応を引き起こし、接触性皮膚炎の原因となります。かぶれやかゆみ、湿疹などの症状が現れます。喘息などのアレルギー反応を引き起こす可能性もあります。また、発ガン性が指摘されているものもあります。使用後すぐに影響が出ることはありませんが、長年にわたる使用が続いた場合には危険性が高まります。

 

体の表面で化学反応が起こる

化学染料という言葉に驚いた方もおられるかもしれませんが、前述のように一般的な白髪染めは様々な物質の化学反応により髪の毛を染めるようにできています。つまり、染色中は髪の毛や頭皮の周りで、理科でお馴染みの酸化反応実験をやっているフラスコの中のような状態になります。もちろん、安全基準などで極端な影響が出ないように配慮はされていますが、その成分が頭皮についてしまうのは絶対に避けられません。頭皮にも化学物質が染みこんでしまうのです。

 

白髪染めとかぶれの理由

白髪染めを使うと頭皮のまわりに刺激の強い物質が塗りつけられているわけですから、敏感肌の方はすぐに肌は腫れてかぶれてしまいます。また、一回の使用ではあまり刺激を感じなかったとしても、使い続けることにより、染みこんでいく化学物質の量は増えていきます。これが蓄積され、人体の閾値を超えることでアレルギーが発症します。こうしてかぶれがでた場合、頭皮だけではなく他の場所でも化学物質に過敏に反応になってしまうこともあります。

 

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

 

サスティ/ルプルプ(LpLp)白髪染めヘアカラートリートメントの紹介・TOP