加齢 白髪

加齢と白髪の関係を知ろう

白髪は加齢によって起こる自然な現象で、多くの場合は40〜50代あたりから髪の毛に白髪が混じり始め、増えていきます。自然なこととは言え、気になってしまう方も多いかと思います。今回は、加齢と白髪の関係性についてご紹介しましょう。

 

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

黒髪の白髪

白髪についてお話する前に、髪の毛に色がつく仕組みをご説明しましょう。毛髪に色をつけてているのはメラニンという色素です。皮膚で生成されると日焼けの元になる、などということで聞き覚えのある方もいらっしゃるでしょう。人体で生成される色素で、これが生成された箇所は周りよりも色が濃くなります。このメラニンには2種類あり、その濃淡の組み合わせによって頭髪の色が決定されます。頭髪の色は人種によって様々ですが、東洋人では黒のケースが大半となります。

髪の毛はもともと白い?

頭髪は、頭皮の中にある毛根から生えてきます。毛根にある毛母細胞が髪の毛の元を作り出し、どんどん長く延ばしていくのです。実は、毛根から伸びてきた髪の毛には色がついていません。つまり、髪はもともと白髪なのです。

髪の毛に色がつく仕組み

毛根の周りにはメラニン色素を生成する色素形成細胞があります。
この細胞が、毛根で作られた髪の毛の中でメラニンを行き渡させ、色をつけていきます。髪の毛は元々は白いのですが、伸びる過程で中に色を混ぜ込んまれることによって、色がついた髪の毛として伸びてくるのです。

 

白髪になってしまう理由

加齢による髪の色の変化は、毛根でのメラニンの生産が停止したことで起こります。メラニンができなくても新しい髪は伸びていくので、髪は伸びる毎に色が薄くなっていきます。そうして、白髪が発生します。毛髪の生成にはサイクルがあり、毛根が休止している時期や発毛が始まる時期にメラニンを生成する細胞が減っていると、その髪の毛が白髪になってしまうのです。

 

ルプルプのお得なキャンペーン情報はコチラ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

 

サスティ/ルプルプ(LpLp)白髪染めヘアカラートリートメントの紹介・TOP