ルプルプ LpLp ナチュラルブラック

LpLp(ナチュラルブラック)はどんな人におすすめなの?

LpLp(ルプルプ)は昆布由来の有効成分により髪にやさしい仕上がりを実現したヘアカラートリートメントです。カラーラインナップはブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラック。今回はナチュラルブラックが向いているケースをご紹介。

 

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

ナチュラルブラックってどんな色?

ナチュラルブラックは、LpLpのラインナップの中で最も暗い色であり、髪を黒く染め上げます。頭髪の色といえば黒が最も一般的な色ということもあり、落ち着いた色がお好みであればLpLpナチュラルブラックを選ぶのが最適でしょう。自然な色合いですので、男女問わず使えるでしょう。

 

また、ヘアカラーといえばブラウン系が人気ですが、近年の流行の茶髪が幅広く行き渡ったためか若年層では逆に黒髪の人気が高まっています。敢えて黒を選ぶことで若々しく流行に敏感な印象を与えることができます。さらに、ブラックの髪には鋭く重厚な印象と理知的なイメージがあります。そんな印象を与えたい、また黒髪が落ち着くという方にナチュラルブラックがオススメです。そういったことからビジネスシーンでも有効で、男性に特に人気です。

 

白髪の量による仕上がりの差

ヘアカラーは一度髪を脱色し、それから色をつけるのですが、白髪染めは脱色力が低くなっています。ですから黒髪には殆ど染まりません。白髪が少ない場合、明るい色の白髪染めを使っても黒髪は黒いままなので、結局は白髪の部分は色が他のところより明るいままで隠れてくれないのです。少ない白髪を確実に染めたいなら、ナチュラルブラックがよいでしょう。
また、全体的に白髪が多い場合は仕上がりがやや明るくなる傾向があります。落ち着いた色にしたいのであれば、ナチュラルブラックであれば確実に染めることができます。

 

ルプルプのお得なキャンペーン情報はコチラ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

髪質による染まりやすさの違い

また、髪質も白髪染めの仕上がりに影響を与えます。硬い髪質の白髪は染まりにくいため、イメージしている色より一段明るい色に仕上がってしまいます。、明るい色になってしまうのは避けたいということであれば、ナチュラルブラックを選べば落ち着いた黒に仕上げることができます。

 

節約したいならナチュラルブラック

黒は色落ちが進行しても目立ちませんので、他のカラーよりは染め直しの頻度が少なくても大丈夫です。最初は3日連続で染め、色が安定したら1週間に1回程度で充分です。

 

やっぱり黒髪

ビジネスでフォーマルなファッションが多い方はナチュラルブラックがオススメです。黒髪の方がスーツなど手持ちの服と合わせやすくなるでしょう。特に男性はそういった機会が多いですので、黒髪にするのが間違いが少ないといえます。

 

また、上記の事柄ような白髪の量、髪質といった要素に左右されたくないときにも有効です。全て黒く染めてしまうのであれば細かいことを考える必要はありません。

 

利点と欠点は表裏一体

今までご紹介したように、白髪の量に左右されないのがナチュラルブラックの利点です。黒は最も隠蔽力の高い色ですので、だいたいのものは塗りつぶしてしまえるからです。それは逆に、一度黒く染めてしまうと他に色には変えにくくなるいうことです。ライトブラウンなど明るい色は特に染めにくいので、選択の際には充分に注意してください。ご自分の希望やファッションスタイルにあった色の白髪染めを選べば、必ず似合うカラーが見つかります。気分転換にもなりますから、オシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

 

サスティ/ルプルプ(LpLp)白髪染めヘアカラートリートメントの紹介・TOP