ルプルプ LpLp ブラウン

ルプルプ(LpLp)ブラウンはどんな人におすすめなの?

LpLp(ルプルプ)は昆布由来のフコダインを配合することで髪への刺激を抑えたヘアカラートリートメントです。カラーラインナップは3色。ブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラックの3色がラインナップされています。今回はLpLpブラウンが向いているケースをご紹介しましょう。

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

ルプルプ(LpLp)ブラウンってどんな色?

ブラウンはLpLpのなかでも最も明るい色です。ヘアカラーでブラウンは定番中の定番。初めて白髪染めにチャレンジする方でも扱いやすい色です。明るい色ですので若々しい印象を与えることができ、おしゃれ染めとしての利用にも充分に耐えますので、女性に人気があります。

明るい色なのでやり直せる

暗い色に染めてしまうと、あとから明るくするのは難しくなります。そこで、明るく仕上がるLpLpブラウンをおすすめします。実際に染めてみて、イメージしたより明るいと思ったら暗い色で染め直せばいいのです。

色による印象アップ

髪に張りやコシがない方、髪の毛が細い方は、LpLpブラウンが有効です。明るい色は膨張色といって実際よりも膨らんでみせる性質があります。髪のボリュームが欲しいのですから、その色の作用を利用するのです。明るい色で若々しい印象を与えることも出来ます。

 

ルプルプのお得なキャンペーン情報はコチラ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

白髪の量による染まりやすさ

ちょっと想像してみてください。白い布と黒い布に絵の具を垂らしたとします。どちらがより色がつきやすいと思いますか?答えは、そう。白い布ですね。たとえば黄色などは隠蔽力の低い色を白い布に塗った場合はキレイに発色しますが、黒い布に塗っても色がついたかどうかはちょっと見ただけではわかりません。同様のことが、白髪染めにもいえます。黒髪よりも白髪のほうが色が乗りやすいので、明るい色の白髪染めを使った場合は白髪の部分にだけ色がつき、黒髪の部分は殆どそのままということになります。白髪の少ない方が明る色の白髪染めを使うと、白髪の部分は黒髪と比べて明るい色のままなのでメッシュ入ったようになってしまいます。つまり、白髪を隠すという目的が果たせないのです。LpLpブラウンはラインナップのなかで一番明るい色ですから、白髪が多くなってきた方でないと効果が薄いということになります。逆に、白髪が増えてきた方であればキレイに染め上がるのでオススメです。

髪質による仕上がりへの影響

硬い白髪は染まりにくいのでイメージより一段階明るい色に仕上がってしまいます。LpLpブラウンの場合はより明るい色になりますので、茶髪のような状態を避けたい方は控えたほうが良いでしょう。

 

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

 

サスティ/ルプルプ(LpLp)白髪染めヘアカラートリートメントの紹介・TOP