ルプルプ LpLp ダークブラウン

LpLp(ダークブラウン)はどんな人におすすめなの?

LpLp(ルプルプ)は昆布から抽出れた有効成分により髪にやさしい仕上がりのヘアカラートリートメントです。ブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラックの3色がラインナップ。ダークブラウンが向いているケースをご紹介

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

ダークブラウンってどんな色?

ダークブラウンは、ブラウンとブラックの中間で落ち着いた色合いが特徴です。
もともとブラウン系のヘアカラーは人気ですが、特にダークブラウンは明るすぎないので初めての方でも使いやすく、男女を問わずお使いになれることから、一番人気となっています。

 

また、一般的に日本人の髪は黒とされていますが、日光の下や照明の具合により多少ブラウンがかってみえることがあるように、完全に黒いわけではありません。そのことから、このダークブラウンは本来の髪の色に近いといえるでしょう。シックで落ち着いたイメージを出したいのであれば、LpLp(ルプルプ)ダークブラウンがオススメです。

 

LpLp(ルプルプ)ダークブラウンの白髪の量と染まりやすさ

白髪と黒髪の割合ですによって、染まりやすさが変わってきます。
ヘアカラーは一度髪を脱色し、それから色をつける仕組みになっていますが、白髪染めは脱色力が低いため、白髪には色がついても黒髪は殆ど染まらないということになります。そのため、同じ色の白髪染めを使っても白髪の割合によって仕上がりが変わってしまいます。白髪が多いほうがはっきりと白髪染めの色がつくのです。つまり白髪が少ないうちに明るい色の白髪染めを使っても色が出にくくなってしまいます。LpLp(ルプルプ)ダークブラウンは元々の髪の色に近い自然な色ですので、白髪が少なめでもキレイに染めることができます。

 

ルプルプのお得なキャンペーン情報はコチラ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

LpLp(ルプルプ)ダークブラウンの髪質による染まりやすさ

白髪染めの仕上がりには髪質が重要な要素となります。髪の毛が硬いか柔らかいかによって染まり方が違ってくるのです。硬い髪質の白髪は染まりにくいので、イメージしている色より一段明るい色を選ぶとキレイに染まります。そこで、茶髪など明るい髪色は避けたいという場合はLpLp(ルプルプ)ダークブラウンを選ぶと落ち着いた色合いを得られます。(髪の毛が硬くも柔らかくもない場合、ほぼメーカーの提示しているイメージ通り染まります)また、硬い髪はともとからボリュームが出がちなので、明るい色=膨張色にしてしまうとより重たさが強調されてしまいます。かといって黒一色でも重さが出てしまいますので、適度な暗さのLpLp(ルプルプ)ダークブラウンが有効です。

 

LpLp(ルプルプ)ダークブラウンの色合い効果

ダークブラウンは自然な髪色に近いですので、ビジネスシーンでも有効です。最初は赤味が強く染まりますが、ビジネスシーンでも常識的な範囲の明るさです。そのため、男女ともに最も人気のある色です。社則でカラーリングを禁じているのでなければ、イメージアップのために試してみるのもよいでしょう。また、髪が傷んでパサついているときも有効です。暗めの色は艶を与えるためです。自然な白髪染めをお求めならLpLp(ルプルプ)ダークブラウンを御使用してみてはいかがでしょうか?

 

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

 

サスティ/ルプルプ(LpLp)白髪染めヘアカラートリートメントの紹介・TOP